HOMEUNIFORM

桜ヶ丘スラッガーズのユニホームについて


品名 写真画像 子ども用料金 大人用料金 商品詳細
申込み
帽子マーク付き 1900円 1900円 レワードCP-01J  A ブルー (08)  -
公式戦用
 ユニフォームシャツ
6000円 レワード -
練習用
ユニフォームシャツ
胸マーク付き
2800円
3250円
ミズノ(白)
-

ユニフォームパンツ
2500円
3000円
練習用ユニフォーム
          胸マーク
750円 750円 練習用ユニフォーム
 アイロンプリントマーク
-
アンダーシャツ(長袖) 1950円
2360円
レワード
 (子ども用)TS44 08ブルー
 (大人用) TS74 08ブルー
-
アンダーシャツ(半袖) 1750円 2100円 レワード
 (子ども用)TS43 08ブルー
 (大人用) TS73 08ブルー
-
ストッキング 800円 840円 ローリングス 
(子ども用)BRN801 ブルー4021
(大人用)BRN10 ブルー4021
-
アンダーストッキング 白色 - - アンダーストッキングはメーカーは不問ですが、白でお願いします。 -
ベルト 黒色 950円 1260円 ミズノ
(子ども用)52VA-3009 黒色
(大人用)52VA-2009 黒色
※黒色なら他メーカーでもOK

下記は必ず必要となるものではありません。
練習用Tシャツ (胸マーク入り) 1600円 - デサント
DMC-5300 DMC5300A
-
グランドコート(胸マーク入り、ネーム入り) 8500円 12000円 ミズノ
(子ども用)52WJ-30114
 ネームナシは-500円です
(大人用)52WM-30114
-


野球は他のスポーツに比べて道具が高価です。
ご父兄の負担を軽くするために、桜ヶ丘スラッガーズは道具の貸し出しをしています。
新入部員の方も無理なく入部できる環境を整えています。
ユニホームについては貸し出し可能なものがあるかもしれませんので、
マネージャーにお問い合わせ下さい。


野球の道具について


桜ヶ丘スラッカーズに入団を考えている人むけの野球道具の説明です。野球道具
については、あわてて購入せず、監督・コーチに相談しながらじっくり選んでください。

グローブ

グローブは大きく分けて内野用(ポケットが浅い)と外野用(ポケットが深い)に分けられます。少年野球の場合は、いろいろなポジションを経験してもらいます。そのため内野・外野の両方に対応できるオールラウンド(オールポジション)をお勧めします。

グローブの色についてはピッチャー以外は特に決まりはありません。しかしピッチャーは、白または灰色以外の単色のグローブと決められています。ピッチャーを目指す人は、ご注意ください。

上の写真は青の単色ですが下の写真は2色となり、ピッチャーは使えません。




キャッチャーミット

低学年の場合は、いろいろなポジションを経験してもらいます。キャッチャーをするにあたりキャッチャーミットが必要となります。チームとしてキャッチャーミットをお貸しできますので、すぐに買う必要はありません。レギュラーとして定着したときに、ご褒美として買ってあげてはいかがでしょうか。



レザーローション

練習後はレザーローション(グローブオイル)で手入れし、革のいたみ・破損の原因となる汚れを取り除きましょう。まず、保革油をポケット部に少しつけ、表面全体にキメ 細かく広げます。さらに本体だけでなく、レースも同様に手入れをします。良質のオイルであっても、塗りすぎはよくありません。少量をよく伸ばしましょう。また、オイルを塗った直後にグローブを使うことも厳禁です。一晩おくことが革の組織には有効です。

             グローブのお手入れ


スパイク


少年野球のスパイクは底が柔らかいソフトスパイクとなっています。 金具付きのスパイクは使用できません。また、白いラインの入ったスパイクは、使用できません。もしこのようなスパイクを頂いた場合などは、マジックで黒く塗りつぶして下さい。

紐を結べない低学年の子には、マジック式のスパイクをお勧めします。公式試合中に紐がほどけてしまい、自分で結べない子も多いのです。

ピッチャーの場合は、下の写真のようにスパイクにピーカバーといわれるものをつけます。
軸足側のつま先に付ける物で、投球後に軸足のつま先を擦ることでスパイクの消耗が早くならないようにするためです。スポーツショップで1000円ぐらいでつけてくれます。


                スパイクのお手入れ



キャッチャー防具

キャッチャーがつける防具(マスク、キャッチャーヘルメット、プロテクター、レガース)は、高価な道具です。そのためチームとして購入しますので、個人としての購入する必要はありません。


バット

少年野球の規格に合った(JSBBのマークのあるもの)、そして自分に合ったバットを選んでください。バットの長さは、腕の付け根から指先までの長さを測って、その長さに1.3を掛けた数字が目安になります。バットの種類ですが、金属性、ジャラルミン製、カーボン+グラス+ウレタン製、木製などがあります。

いろんな材質、重さ、長さのものがありますので、バット選びは結構難しいものです。入団したばかりの子はあわてて買う必要はありません。チームの仲間のバットをいろいろ使ってみて、最も好みのタイプを買ってください。


必ず必要というわけではありませんが、バットはバットケースに入れておくと傷がつきにくく長持ちします。

                 バットのお手入れ


ヘルメット


打席に立つ際にヘルメットの着用が義務付けられています。ヘルメットはチームとして購入し、全員に貸与しています。個人で買う必要はありません。






このページのトップへ
inserted by FC2 system